下総国見聞録

Simoohsakokukenbunroku
<< ブログでゲーム !! | TOP | さくらの山 !! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
さくらが一才になった !!
おてんき くもり おてんき
孫の『さくら』が満一才になりました。
近くの和風ファミレスで、娘の嫁ぎ先のご家族と『さくらファミリー』そして当家の家族でお祝いしました。
背負っている紫の風呂敷には、お米が一升入っています。この行事は人の[一生]を[一升]に例えて「一生の間、食べるものに困らないように」という願いが込められています。
一升(約2)を背負って3〜4歩、ガンバッテ歩きました。
一般的には、背負い餅といってお餅が使われるようです。




重荷から開放されて、『むんで、ひらいて』の童謡に合わせて踊っています。
スッゴクご機嫌よかったです。ラッキー




天使の寝顔 ??

| 日常生活 | 19:19 | comments(4) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:19 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
希光さん毎度ご来場いただきまして誠にありがとうございます。
乳児期→幼児期→少年期→青年期のそれぞれに違った子育ての
難しさがあると思いますねー。乳〜小期は家内まかせで余り積
極的に子育てに参加していませんでしたが、振り返ってみれば
子供達や孫のおかげで父親や爺になれたのですから今はスッゴ
ク感謝してます。子育てガンバッテくださいね。思春期後半か
ら青年期には子離れも課題になると思います。これが又けっこ
う難しいんです。(^_-)-☆
| toneno | 2006/10/08 5:57 PM |
ほんと!天使の笑顔に、天使の寝顔ですよね
「ウチの子供たちにもこんな頃があったのよね〜」と、思いながら、微妙な年頃になりつつある子供たち手を焼いてます(汗)
| 希光 | 2006/10/08 5:07 PM |
Dr.J.エドワードさん毎度コメントありがとうございます。
子達の将来のために大人がいい世界を作らないとね・・ホント同感です。以下は全ての児童の幸福を願って昭和26年に制定された児童憲章の第10条の条文です。もっと早く気づいてあげればよかったで頭を下げて済まされるような問題じゃないんですよね。

すべての児童は、虐待・酷使・放任その他不当な取扱からまもられる。
| toneno | 2006/10/08 6:29 AM |
可愛いお孫さんですね、
ほんとに天使のようです。
(*^^)v
この子達の将来のために大人がいい世界を作らないとね
| J.Edoward | 2006/10/08 12:15 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimohsakoku.jugem.jp/trackback/136
トラックバック