下総国見聞録

Simoohsakokukenbunroku
<< 熊野神社秋祭り !! | TOP | 日本武尊 !! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
佐倉の秋祭り !!
おてんき 昨日10月15日に行われた千葉県佐倉の秋祭りです。
地元上座地区のお祭り後、家族で見物に行ってきました。

江戸時代から続いている佐倉の秋祭りは、佐倉市内に在る麻賀多神社、明神大神社、愛宕神社、御祭りです。

下の写真は麻賀多神社で、佐倉の総鎮守にしてご祭神は『稚産霊命』お稲荷様のお父上にあたられます。社殿は徳川時代、佐倉城の大手門付近にあったそうです


千葉県佐倉市の麻賀多神社です。
千葉県佐倉市の麻賀多神社です。 posted from フォト蔵

大神輿です。佐倉市指定文化財になっています。千葉県内で使われている神輿では最大です。江戸中期に職人10人あまりで製作に8ヶ月を要し当時のお金で300両、現在の貨幣価値に直すと約 7,000万円という大変なお金をかけて作られたのだそうです。王冠2

佐倉の秋祭り大神輿
佐倉の秋祭り大神輿 posted from フォト蔵

山車を引く行列の先頭を歩く『お稚児』さんです。かーわいいでしょ。※撮影許可は勿論頂いてますよー。カメラ

佐倉の秋祭り.1
佐倉の秋祭り.1 posted from フォト蔵

「えっさー・えっさー・えっさっさー・えっさのこらさの・えっさーさー」のかけ声で山車が市内を練り歩きます。人形が載っているのが『山車』(だし)、人形が載っていない山車を『御神酒所』(おみきしょ)というのだそうです。ブログやってると勉強になることがたくさんあります。

佐倉の秋祭り山車 posted from フォト蔵

| 行事・イベント | 18:08 | comments(0) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 18:08 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimohsakoku.jugem.jp/trackback/147
トラックバック
稚産霊について
稚産霊ワクムスビ(ワクムスヒ)は、日本神話に登場する穀物・養蚕の神である。古事記では和久産巣日神、日本書紀では稚産霊と表記される。古事記では、神産みの際、火の神・カグツチ|火之迦具土神(カグツチ)を生んで火傷をし病に伏せったイザナミ|伊邪那美命(イザナ
| 神話&神々の研究 | 2007/02/20 2:42 PM |