下総国見聞録

Simoohsakokukenbunroku
<< オランダ風車 <リーフデ> | TOP | 蛍蔓 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
コンドルは飛んで行く 
JR新宿駅西口で、見かけたペルーから来られた、アンデス音楽の演奏グループです。



朧気な記憶によれば、私と南米アンデス音楽との出会いは、高校生の頃にサイモンとガーファンクルが唄ってヒットした『コンドルは飛んで行く』という楽曲だったと思います。

読者各位は、『デジャブー』 という言葉をご存知ですか ?

初めて来た場所なのに、前に来た事があるという記憶がある…というあれですよ。

この 『コンドルは飛んで行く』 は、当時、初めて聞いた曲でしたけど、何故か、妙に懐かしさを感じましたね。たぶん私は…過去世ではインカ帝国の住人だったのではないかと思っています。





画面右の赤丸を “ぽちっ” と押してしばらく待つとご視聴いただけます。






| 日常生活 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:36 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimohsakoku.jugem.jp/trackback/248
トラックバック