下総国見聞録

Simoohsakokukenbunroku
<< 白黒カラーなんでこうなるの ? | TOP | 小待宵草 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
吉川英治の歌碑
印旛沼サイクリングロード、飯野竜神橋の袂には、小説・宮本武蔵や三国志で知られる
吉川英治の歌碑があります。




  萱崖 (かやがけ) は 母のむねにも似たるかな 高きを忘れただぬくもれり

…と刻まれています。この歌は昭和9(1934)年に詠まれました。
吉川英治の母 『 いく 』 は 佐倉市江原(現在の佐倉市江原台1丁目)で育ちました。
いくは、下総国佐倉藩士で初代臼井 (うすい) 町長の 山上辧三郎 (やまがみべんざぶろう)
の三女として生を受けました。





見る 地図をクリックすると表示範囲を拡大してご覧いただけます。


吉川英治の歌碑
| 自然・風景 | 05:53 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 05:53 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shimohsakoku.jugem.jp/trackback/277
トラックバック